お子さんのインターネット利用、大丈夫?

お子さんのインターネット利用、大丈夫?

お子さんのインターネット利用、大丈夫?

インターネットは、日常生活でも子ども達の学習面でも欠かせないものとなっています。利用しはじめる年齢は低年齢化していますが、子ども達は何歳くらいからインターネットに触れているのでしょうか。内閣府の調査、“令和2年度「青少年のインターネット利用環境実態調査」調査結果(速報)令和3年2月”によると、0歳で7.1%、1歳で17.2%、2歳で43.8%、3歳では60.2%のお子さんがインターネットに触れています。3歳になると半数以上です。10歳では88.3%、15歳では97.8%です。
インターネット利用にあたってルールを決めているのは、9歳以下のお子さんのいるご家庭で、82.1%です。みなさんも、お子さんがネット・オンラインゲーム・SNSを利用するにあたって何かルールを決めていらっしゃいますか?
インターネットはとても便利なツールですが、使い方によってはトラブルに巻き込まれる恐れもあります。子ども達には、危険のないように、安全に上手に、使ってほしいですよね。
インターネットの安全で上手な使い方をお子さんにしっかりと教えている、と胸を張ってこたえられる方は、もしかしたらそれほど多くはいらっしゃらないかもしれません。実は私も分からないことが多くて勉強中です。正直なところ、どちらかというと苦手分野で、自分が利用する際も困りごとが多い状態です。
けれども、学校の講演会や悩みごと相談窓口で子ども達に接していると、インターネットの安全で上手な使い方をしっかり教えいくことの重要性を感じます。
例えば、講演後に「講演会をきいて、インターネットの情報が間違っていたことがわかった。正しく知ることが出来て良かった。」という感想を頂くことがあります。ネット上には様々な誤った情報があります。悪意をもってわざと間違った情報が流されていることもあります。子ども達には「ネットの情報は全て正しいわけではない」ということを教えていく必要があります。
また、悩みごと相談では、「自分の写真をSNSで知り合った人に送ってしまった。ネットにあげられてしまったらどうしよう。」「元彼が、体のプライベートな部分の写真を持っている。ネットにあげられないか不安。」といった、写真や動画にまつわるものもあります。自撮り写真の送信や投稿に関わるトラブルも教えていく必要があります。
悩みごと相談の中には、「クラスの友だちからSNSに悪口を書かれ、いじめられている」といった相談もあります。何か困ったことがあった時にはおとなに相談してほしいというメッセージを伝えていくことも大切です。
子ども達に安全な利用方法を教えていくことは、おとなの責任だと思います。私ももっと勉強しなくてはと思っています。

執筆者紹介

助産師、看護師、養護教諭(学校の保健室の先生)を経験後、
“生と性”ライフスキル教育講師として、
ママと子ども達の未来を応援する活動をしています。

サニーすまいるアシスト代表 鈴木 淳子

鈴木 淳子 【資格】

助産師
看護師

養護教諭
中学校教諭(保健)

思春期保健相談士(日本家族計画協会)
産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会)

妊婦ヘルスケア・トレーナー育成コース修了(フィット・フォー・マザー・ジャパン)
ワークショップデザイナー(青山学院大学履修証明プログラム修了)

【プロフィール】

東京都生まれ。
埼玉県狭山市 在住。

1年間に2400人の赤ちゃんが生まれる病院で、助産師として3年間勤務。

企業の健康管理部門に転職。
看護師として、健康診断、保健指導、外来診療、社内研修などを担当。
また、産業カウンセラー資格を取得後は、メンタルヘルス相談、メンタルヘルス研修、復職支援なども担当。
働く方々の健康支援に、20年以上携わる。

東京都内の私立校に転職。養護教諭(保健室の先生)として、小学生、中学生、高校生と携わる。

長男が通う狭山市内の中学校より性教育講演の依頼を受けたことをきっかけに、
2008年より、中学生への性教育講演活動を開始。

2020年、「サニーすまいるアシスト」を立ち上げ、講師として、女性と子どもたちのための活動を、本格的に開始。

HPhttps://sunny-smile-assist.jimdofree.com/
pagetop