ママのための性教育のお話~世界の避妊法~

ママのための性教育のお話~世界の避妊法~

ママのための性教育のお話~世界の避妊法~

世界にはいろいろは避妊法があることをご存じでしょうか。どのような避妊法があるのか、その一部をご紹介します。
【避妊インプラント】ホルモンの含まれている小さなプラスティックのスティックを、上腕の内側に埋め込む方法。
【避妊注射】ホルモン剤を3か月に1回、注射する方法。
【避妊パッチ】皮膚に貼りつける方法。ホルモンは皮膚から吸収される。
【避妊リング】プラスティックで出来た輪状の避妊具で、膣に挿入して使用する。
これらは日本では承認されていない避妊方法です。「世界にはこんな方法もあったの?!」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

日本で使用できる避妊方法は、主に以下の方法です。
【経口避妊薬(低用量ピル)】飲み薬による方法。医療機関で処方してもらう。初診にかかる費用は8,000円くらい。その後は1か月に2,000円~3,000円くらい。飲み忘れがなければ99%以上の避妊効果がある。
【子宮内避妊具(IUD、IUS)】子宮内に小さな器具を入れる方法。避妊効果は99%以上。IUDは1回2~5年間の避妊ができて約4~5万円。IUSは1回最長5年間の避妊ができて約7~8万円。
【コンドーム】安価で手軽で実行しやすく、性感染症予防もできる。避妊効果は82~98%。
【不妊手術】卵管あるいは精管を手術によりふさぐ方法。避妊効果は極めて高いが、再び妊娠できる状態には簡単には戻せない。

日本では選択できる避妊法が限られていますが、限られた中でも自分に合った避妊法を選択できるといいですね。どの方法にもメリット・デメリットがあります。よく確認し、婦人科にも相談して、ご自分に合った方法で、妊娠についてコントロールして頂ければと思います。

避妊しなかった、避妊に失敗した、性暴力などのアクシデントの際の、最後の手段は緊急避妊です。
【緊急避妊法】緊急避妊薬を内服する方法(72時間以内)、子宮内避妊具(IUD)を子宮内に入れる方法(120時間以内)がある。医療機関の受診が必要。

「子どもを持つか持たないか、子どもを持つとしたらいつ持つか、何人持つか」、女性は自分で決める権利があります。そして「安全な妊娠や出産」をすることも、「生まれた子どもが健康に育つ」ことも、「一生を通じて性と生殖に関して健康である」ことも、私たちの権利です。それを「性と生殖に関する健康と権利(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス・ライツ)」といいます。
避妊について話すのは恥ずかしいとか、相談しにくいと感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。でもそんなふうに思わないでいただきたいです。避妊についての知識やスキルを得ることは、私たちの権利で、幸せに健康に生きるために大切なことです。

執筆者紹介

助産師、看護師、養護教諭(学校の保健室の先生)を経験後、
“生と性”ライフスキル教育講師として、
ママと子ども達の未来を応援する活動をしています。

サニーすまいるアシスト代表 鈴木 淳子

鈴木 淳子 【資格】

助産師
看護師

養護教諭
中学校教諭(保健)

思春期保健相談士(日本家族計画協会)
産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会)

妊婦ヘルスケア・トレーナー育成コース修了(フィット・フォー・マザー・ジャパン)
ワークショップデザイナー(青山学院大学履修証明プログラム修了)

【プロフィール】

東京都生まれ。
埼玉県狭山市 在住。

1年間に2400人の赤ちゃんが生まれる病院で、助産師として3年間勤務。

企業の健康管理部門に転職。
看護師として、健康診断、保健指導、外来診療、社内研修などを担当。
また、産業カウンセラー資格を取得後は、メンタルヘルス相談、メンタルヘルス研修、復職支援なども担当。
働く方々の健康支援に、20年以上携わる。

東京都内の私立校に転職。養護教諭(保健室の先生)として、小学生、中学生、高校生と携わる。

長男が通う狭山市内の中学校より性教育講演の依頼を受けたことをきっかけに、
2008年より、中学生への性教育講演活動を開始。

2020年、「サニーすまいるアシスト」を立ち上げ、講師として、女性と子どもたちのための活動を、本格的に開始。

HPhttps://sunny-smile-assist.jimdofree.com/
pagetop