ママのための性教育のお話~思春期の脳の成長~

ママのための性教育のお話~思春期の脳の成長~

ママのための性教育のお話~思春期の脳の成長~

ママのみなさんは、どのような思春期を過ごされましたか?
私は、思春期は嵐みたいだったなぁと思います。ドキドキ、ワクワクすることがいっぱいあって、でも不安や悩みもたくさんあって、気持ちも揺れて…。思春期は心も体も大きく成長します。「脳」も成長します。脳が一生のうちで最もめざましく成長するのは、思春期です。

脳はその領域によって働きに違いがあります。例えば大脳辺縁系という部分は、嬉しい、悲しい、怒りなどの感情や、生命の維持、本能をつかさどる領域です。また前頭前野という部分は、感情的な反応を調整する働きを持つ領域です。理性的に考える、自分をおさえる、先のことを計画する、といった脳の働きに関わっています。
脳は全ての領域が同時に成長するのではなく、成長の時期に時間差があります。例えば大脳辺縁系は早くから発達しますが、前頭前野は思春期の終わりごろに発達します。思春期の子ども達が、感情を抑えられなかったり、気分の揺れが大きかったりするのは、大脳辺縁系の成長に前頭前野の成長が追いついていないことも理由のひとつです。とても楽しい気分だったのに、急にわけもなく気持ちが落ち込んだり悲しくなったり。また友達や家族になんだかすごく腹が立ったり、自分自身にもイライラしたり、そしてそんな自分が嫌になったり、そんなふうに気分は大きく揺れ動きます。
また思春期は、ドーパミンという神経伝達物質が脳内にたくさん分泌されます。ドーパミンの働きが強くなると、物事に対する興味や好奇心が高まり、いろいろなことを試してみたくなります。その一方で、理性的な思考は未熟なため、好奇心のままつい軽はずみな行動をとってしまうこともあったりします。
女優の北川景子さんが何かのインタビューで、「10代の頃の自分に、なんてアドバイスしたいですか?」という質問をされて、「まあ落ち着け、と言ってあげたいです。」と答えていました。共感しました(^^) 思春期の特徴を表しているなぁと思います。

お子さんが思春期になると、感情をぶつけられたり不機嫌だったりして、ママのみなさんは戸惑ったり悲しい気持ちになったりすることがあるかもしれません。どのようにお子さんと向き合ったらよいか悩んでしまうこともあるかもしれません。でも、“おとなへの成長の途中”と客観的に捉えることができると、一喜一憂せずに向き合うことができます。
思春期になったら、子ども扱いを卒業してひとりの人として認め尊重してあげることは、お子さんの自信につながります。一方、理性的な判断は未熟ですから、きちんと叱ったり諭したりすることも大切です。お子さんの成長にあわせて、お子さんと向き合っていけたらいいですね。

執筆者紹介

助産師、看護師、養護教諭(学校の保健室の先生)を経験後、
“生と性”ライフスキル教育講師として、
ママと子ども達の未来を応援する活動をしています。

サニーすまいるアシスト代表 鈴木 淳子

鈴木 淳子 【資格】

助産師
看護師

養護教諭
中学校教諭(保健)

思春期保健相談士(日本家族計画協会)
産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会)

妊婦ヘルスケア・トレーナー育成コース修了(フィット・フォー・マザー・ジャパン)
ワークショップデザイナー(青山学院大学履修証明プログラム修了)

【プロフィール】

東京都生まれ。
埼玉県狭山市 在住。

1年間に2400人の赤ちゃんが生まれる病院で、助産師として3年間勤務。

企業の健康管理部門に転職。
看護師として、健康診断、保健指導、外来診療、社内研修などを担当。
また、産業カウンセラー資格を取得後は、メンタルヘルス相談、メンタルヘルス研修、復職支援なども担当。
働く方々の健康支援に、20年以上携わる。

東京都内の私立校に転職。養護教諭(保健室の先生)として、小学生、中学生、高校生と携わる。

長男が通う狭山市内の中学校より性教育講演の依頼を受けたことをきっかけに、
2008年より、中学生への性教育講演活動を開始。

2020年、「サニーすまいるアシスト」を立ち上げ、講師として、女性と子どもたちのための活動を、本格的に開始。

HPhttps://sunny-smile-assist.jimdofree.com/
pagetop