ママのための性教育のお話~思春期の男の子の悩み~

ママのための性教育のお話~思春期の男の子の悩み~

ママのための性教育のお話~思春期の男の子の悩み~

思春期の男の子は性に関することについてどのようなことに悩んでいるのでしょう。性に関する不安や悩みの調査結果によると、男子中学生で多かったのは、①自慰 ②包茎 ③性器 ④射精 ⑤性欲でした(*)。最も多かったのは自慰ですが、このことについて学ぶ機会は、ママのみなさまも、ほとんどなかったのではないでしょうか。

自慰とは、自分で自分の性器などを触って気持ちよくする行為のことです。マスターベーション、オナニー、セルフプレジャーともいいます。性的な欲求は人間の自然な欲求です。性的欲求には個人差がありますが、思春期は性ホルモンがたくさん分泌されて性的欲求が強くなる傾向があります。性的な欲求を自分で解消したり、コントロールしていくことは大切です。
自慰行為に罪悪感を持ってしまうお子さんが多いように思います。女の子から相談されることもあります。自慰は、男性も女性も、何回行っても、問題ありません。もちろん行わなくても問題ありません。
ただ行う場合に気をつけることがいくつかあります。自慰はとてもプライベートな行為ですから必ず1人になれる空間で行うこと、また体を傷つけないように清潔にそして優しく行うことなどです。前回ご紹介した「おれたちロケット少年」にも自慰について書かれています。またこちらのサイトもおススメです。
セイシル https://seicil.com/masturbation/
ピルコン https://pilcon.org/help-line/selfpleasure
まずはママのみなさんが、ご覧になってみてください。お子さんにも、本やサイトを紹介してあげても良いと思います。

お子さんの成長に伴い、お子さんのプライバシーを意識されることは大切です。子ども部屋に入る時や入浴中は、ノックをしたり、開けていい?と声をかけるようにしましょう。親子であっても、お互いのプライバシーを尊重することは大切です。

小さいお子さんが性器さわりをすることがありますが、これは自慰ではなく、多くの場合、自分の体を触ることで気分を紛らわしたり安心したりしているようです。もし頻繁に触っている場合は、感染症などのトラブルが原因のこともあるので、痛みや痒みなどがないか確認しましょう。そういったことはないのに人前で頻繁に触ってしまう場合には、大事なところだから人前では触らないようにしようねと、声をかけても良いと思います。また、寂しさや心配など、心理的なことが原因の場合もあります。一緒に遊ぶ時間を増やすなど寂しい気持ちが解消されて、触る頻度が減ることもあります。また、友だち関係で悩んだりしていないか、お子さんの様子をよくみてあげていただければと思います。

*日本家族計画協会 思春期FP・ホットライン2017年度データより

執筆者紹介

助産師、看護師、養護教諭(学校の保健室の先生)を経験後、
“生と性”ライフスキル教育講師として、
ママと子ども達の未来を応援する活動をしています。

サニーすまいるアシスト代表 鈴木 淳子

鈴木 淳子 【資格】

助産師
看護師

養護教諭
中学校教諭(保健)

思春期保健相談士(日本家族計画協会)
産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会)

妊婦ヘルスケア・トレーナー育成コース修了(フィット・フォー・マザー・ジャパン)
ワークショップデザイナー(青山学院大学履修証明プログラム修了)

【プロフィール】

東京都生まれ。
埼玉県狭山市 在住。

1年間に2400人の赤ちゃんが生まれる病院で、助産師として3年間勤務。

企業の健康管理部門に転職。
看護師として、健康診断、保健指導、外来診療、社内研修などを担当。
また、産業カウンセラー資格を取得後は、メンタルヘルス相談、メンタルヘルス研修、復職支援なども担当。
働く方々の健康支援に、20年以上携わる。

東京都内の私立校に転職。養護教諭(保健室の先生)として、小学生、中学生、高校生と携わる。

長男が通う狭山市内の中学校より性教育講演の依頼を受けたことをきっかけに、
2008年より、中学生への性教育講演活動を開始。

2020年、「サニーすまいるアシスト」を立ち上げ、講師として、女性と子どもたちのための活動を、本格的に開始。

HPhttps://sunny-smile-assist.jimdofree.com/
pagetop